MAIN GALLERY

展示カレンダーはこちら


休業しておりました、表現社直営店「cozyca products shop HIRAETH」は 6月16日(火)より営業を再開いたします。

■営業時間 13:00〜17:30
■月曜定休
※現時点では、6月30日までは時短営業とさせていただきます。

営業再開にあたっては、お客様とスタッフの安全を最優先に考え、感染症の拡大防止に努めてまいります。

〈店頭、スタッフについて〉
・マスクを着用し、応対させていただきます
・出勤前の検温、手洗い、消毒の徹底
・手で触れる箇所の消毒と換気の強化
・冷房を入れている場合でも、店内換気中は室温が安定しませんので予めご了承ください

〈お客様へのお願い〉
・入店される際は、必ずマスクの着用をお願いいたします
・アルコール消毒液を設置しておりますので、入店前に手指の消毒をお願いいたします
・体調の優れない方はご来店をお控えください
・店内ではお客様同士、十分な距離を取ってご覧ください
・混雑緩和のため、入店制限を実施する場合がございますのでご了承ください
・しばらくのあいだは、当店ご利用を目的に、県を跨いでのご来店はご遠慮いただけますようお願い申し上げます

※今後の状況により、営業形態を急遽変更する可能性がございます。予めご了承くださいませ。

なにかとご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

7月からはギャラリーの再開も予定しております。なんとか感染拡大を防止し、これ以降のせっかくの素晴らしい展覧会を、少しでも多くの皆さまにお楽しみいただけるようになることを願っております。

マスク越しではありますが、皆さまと笑顔でお会いできることを楽しみに、ご来店をお待ちしております。

cozyca products shop HIRAETH

---------------------------------

【 大切なお知らせ 】

HIRAETH の今後の営業に関して、大切なお知らせです。

新型コロナウィルス感染被害拡大と、京都府・京都市からの外出自粛要請にともないまして、お店の営業に関して、現時点で、以下の二点が決定いたしました。

■4月4日(土)〜4月17日(金) まで臨時休業 → 延長して-5/9(土)まで臨時休業とさせていただきます(4/8追記)
■4月4日(土)〜5月22日(金) までのあいだ、2階ギャラリーの営業を停止 → 予定していた4/5/6月の展覧会は全て中止または延期とさせていただきます(4/8追記)

ご来店を予定されていた方、また展覧会のDMをお受け取りいただいた方や設置してくださっているお店様には、大変申し訳ございません。

展示予定の作家さまと、表現社の中で相談を重ねた結果、このような決断をさせていただきました。

-----

【延期】

⚫︎ 今泉 春 銅版画展
「窓の向こうに」
2020年4月15日(水)-4月19(日)

⚫︎ La Di Da Bear 1st Exhibition
  "We Are Twins"
2020年5月2日(土)-5月17日(日)

---

【中止】

⚫︎「沖野愛 展」
〜2020年4月5日(日)

⚫︎「ブーゲンビリアの花」
〜店長のメキシコ旅日記〜
2020年4月21日(火)-4月30日(木)

-----
ただいま開催中の沖野愛さん( @okinoai )の個展は、会期の途中ですが、本日4/3(金)19:00までで終了とさせていただきます。

緻密でかわいらしい作品の数々、ほんとうに素晴らしい展覧会なので、もっと多くの方に観ていただきたかったのですが…ただただ悔しいです。

「La Di Da Bear」の展覧会は未発表でしたが、コラボレーション作家の"Violet & Claire"こと、多屋澄礼さん( @sumiretaya )による企画!!
延期というかたちで、必ずまたどこかでご覧いただけるので、お楽しみ!の意味も込めて。

今泉春さん( @spring.210 )の個展は、お店のお客様にも楽しみにしていただいている方が多くいらっしゃったり、わたしも個人的にとても待ちわびていたので、非常に残念ですが…
こちらも延期というかたちで、ただいま日程調整中!また決まり次第、告知をさせていただければと思います。

そして、チラチラと予告していた店長の旅日記展 「ブーゲンビリアの花」は、HIRAETH での開催はやむなく中止とさせていただきます。

と言っても、買ってきた雑貨たちはあるので!
わたくしが個人的に別でやっているチームのオンラインストアにて、通販をさせていただこうと考えています!

そちらのアカウントで、商品ご紹介のインスタライブもしようかなぁと企み中。
近々情報を更新してまいります。
HIRAETH とは関係ございませんが、もしご興味ありましたら、お見知り置きを… @onnpa_production

・・・そんなわけで、長くなりましたが、しばらくお休みさせていただきます。
そのあとの予定は、世の中の状況を鑑みて、またあらためて随時お知らせさせていただければと思います。

誠に勝手ではございますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

店舗休業中もWEB SHOPは休まず営業いたします。

京都でもどんどん被害が拡大し、非常に緊迫した状況が続きます。

どうかくれぐれも皆さま、ご自身と、大切な方を大切に。そして、まわりの方へのご配慮もお忘れなきよう。
皆さまの安全と健康を、心よりお祈りしております。

最後までお読みいただきありがとうございます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

株式会社表現社
cozyca products shop HIRAETH
店長 大島

---------------------------------


20.10/17(土)-11/1(日)



柊有花さんと、我々 表現社cozyca products とのコラボレーションは、2020年 春の製品からはじまりました。

もともと、お店のツイッターアカウントで柊さんをフォローをさせていただいていて、 イラストを見るたび、「かわいいなぁ、素敵やなぁ、cozyca製品と合いそうやなぁ…」と、 密かに企画を提案できないか、一方的に考え温めていた作家さんでした。

しばらくして、たまたま用事があって、滅多に行かない本社を訪れたところ、 「新しくコラボレーションすることになりそうな作家さんだよ~」と、 資料を見せてもらったのが! 柊有花さんでした。

運命を感じました。

それから、順調に製品づくりは進み、ギャラリーで年末に開催する 「 冬の原画展 」というグループ展にも 出展くださるとお聞きして、うれしくって。 しかもしかも!期間中、神奈川からわざわざ在廊にもいらしてくださって泣! お会いしてお話しして、お人柄にも触れて、ますます好きになりました。 …とかまぁ、柊さんに対するわたしのまるで恋のような思い出話はこのくらいにして、、、

柊有花さんのイラストは、掲げておられる「見えないものを描くイラストレーター」という肩書きのように、 言葉では表現することのできない、引き込まれるような力を感じます。

かわいらしくって、なにかの神話や童話の挿し絵のようで、 懐かしくもあり、でも 他にはない独特の色づかいとカタチで。(偉そうに聞こえたらすみません…)

cozyca productsというブランドに、新しい色を加えてくださったようにわたしには感じられました。

仕上がった製品を手にとると…やっぱり合う!!!

我々のこだわり、美濃和紙を使った レターや一筆箋にもしっくり。

厚みのある洋紙で、くっきりとした色味が似合う ブロックメモにもぴったり。

HIRAETH でも、あっというまに人気商品の一つとなりました。

そんな柊さんが、京都で、ここ HIRAETH で、 個展を開催してくださいます。

今回は個展ということで、年末のグループ展以上にたくさんの作品を観られる予定です。 原画作品に加え、壁掛け作品や、なにやらブローチ、ZINEなども もしかしたらご覧いただけるのかも。 我々も楽しみでなりません。
(コラボレーション作家さんの展示は、やっぱり思い入れが強くなって、長くなってダメですね…)

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

HIRAETH 店長大島


■柊有花  @yukahiiragi
Yuka Hiiragi
感覚を形に
見えないものを描くイラストレーター
「見えないものを形にし、誰かに何かを届ける」をモットーに、絵と文章を中心に活動。
国内外での展示のほか瀬尾まいこさん『優しい音楽』等の装画、
台湾や手紙社イベントビジュアル、紙雑貨、壁掛けなど。

------------------------------------
柊有花 個展「Day & Night」
at cozyca products shop HIRAETH

  ■2020年10月17日(土)-11月1日(日)
■12:30~19:00
※10/19,26はお休み
------------------------------------

20.11/4(水)-11/15(日)



ブランド コラボレーション作家さんによる、贅沢で豪華な展示が続きます。

11月の展覧会は、 東京を拠点に 全国、世界的にも活躍、 型染め・注染・プリントによる染布を中心とした作品づくりをされるユニット、"kata kata"さんです!

表現社cozyca products とのコラボレーションでは、ブロックメモや一筆箋、そして あの「山羊」のレターセットなどなど!

どれもこれも独特の風合いと色づかいで、かわいらしく、かつ男女問わず使いやすい、 ブランドとしても、お店でも、世代を問わず長く愛されているアイテムの一つです。



個人的な kata kataさんとの出会いは、 大阪に住んでいたまだ学生のころ。。。

とある雑貨屋さんで kata kataさんがデザインされた陶器の豆皿を見つけたのがきっかけでした。
かわいい上に、レトロさというか、渋さも感じられて、 長く使えそうで、和食にも何にでも合いそう!とトキメイテ選んだのを覚えています。

それ以来、あちこちでグッズを見かける機会があり、「人気な作家さんなんやなぁ〜」とぼんやり思っていました。

…数年経ち、表現社のお店 HIRAETH で働くこととなったとき、 「あぁー!あの豆皿の作家さん!」と、一人舞い上がり感激したのです。

コラボレーショングッズの中で特に、我々表現社が作る"美濃和紙"の質感が自慢の レターセットや一筆箋と、 kata kataさんの型染めの風合いとのマッチ感がたまらなく大好きで、山羊のレターは、何度リピートしたか分かりません。

独特の容姿にデフォルメされた生きものや植物たちが愛らしく、そしてときにかっこよくワイルドで、 HIRAETH には珍しく、男性が選ぶ率もとても高いイラストでもあります。

そんな kata kataさんの個展、京都ではちょうど一年前、 恵文社さんでの展示以来。
そのときに生で観て大感動した、原画や多数の作品、グッズたちが 2階のギャラリーに並ぶかと思うと、今からわくわくしてたまりません!


関東にお住まいの作家さんです。
どうかどうか、この貴重な機会をお見逃しなく。

期間中、皆さまのご来店を心よりお待ち申し上げております。

HIRAETH
店長 大島


■kata kata @katakata.jp

kata kataとは松永武と高井知絵によるユニットです。型染め、注染、プリントによるオリジナルの染布を制作しています。
モチーフとなるのは日々の生活の中で感じる全ての事柄です。
動物、昆虫、植物、風景・・・・それら全てに物語を想像し、布を染めることは私たちにとって大きな楽しみです。
布を広げた時に、ものがたりを想像できるような、会話が生まれるデザインを心がけています。
私たち kata kata は温かい空気を生みだす、そんな布づくりをしていきたいと思います。

------------------------------------
kata kata 個展「牛の歩み展」
at cozyca products shop HIRAETH

■2020年11月4日(水)-11月15日(日)
■12:30~19:00
※11/9(月)はお休み
------------------------------------


展示カレンダーはこちら



MAIN GALLERY 利用規約

ギャラリーのレンタルも行っております。ご利用ご希望の方はお気軽にご連絡くださいませ。


火曜日〜日曜日 12:30-19:00
月曜日は閉廊日 搬入・搬出は事前の打ち合わせにて決めさせていただきます。



平日1日5000円+税  土日祝1日8000円+税

会期中の作品やグッズの販売は一階レジにて精算。価格の30%を販売手数料としていただきます。グッズは1階にて陳列販売とします。搬出前に販売数を確認し、ギャラリーが精算表を作成いたします。当店規定の支払日にお振込させていただきます。
※展示の全日程に在廊していただける場合は、グッズ販売も2階でしていただいて結構です。そしてその場合はグッズの売り上げの手数料はいただきません。
DMまたはフライヤーは出展者が制作、費用負担。



壁面展示での釘打ちは可能ですが、小さめの釘でお願いいたします。 粘着の強いテープ等はご利用いただけません。

壁面へ直接の書き込みはお断りしています。

天井からの吊り下げは基本的に不可とさせていただきます。

常識の範囲内での展示をお願いします。基本的に搬入前の状況に戻していただきます。次の展示者が展示不可能になるような破損などは修復費をお支払いただきます。



オープニングパーティー等をご希望の場合はご相談ください。
パーティーの費用は展示主催者の負担でお願いします。また準備・後片付け等は展示主催者にてお願いします。パーティーで出たゴミは、持ち帰っていただきます。

イベント、ワークショップ、ライブ、上映会等はご相談ください。

2階にて期間限定ショップをされる場合は、全日程ご在廊ください。レンタル料金のみ1階レジにてお支払いください。

防犯カメラは設置されていて細心の注意で運営しますが、ショップ店員は基本的に1階にて勤務になります。格安のギャラリーレンタル料金の設定もでもあり、展示物の管理は展示主催者の責任でお願いいたします。破損や盗難に対しての責任は負いかねますのでご了承ください。



以下の内容をご明記の上、展覧会内容とポートフォリオと合わせて直接のお持ち込みか、もしくは郵送でお申込みください。

氏名(作家名、ブランド名をお持ちの場合は併せてご記入ください。)
・ ご住所と電話番号
・ メールアドレス
・ URL
・ レンタル希望期間。(第二候補もご記入ください。)
・ 作品資料返却の要 / 不要(返却は、店頭お渡し、もしくは送料着払い配送)となります

審査をさせていただきますので、お申し込みを受け取り後、お返事まで1週間ほどお時間をいただきますことをご了承ください。
審査終了後に予約金をお支払いください。レンタル料金の40%をいただきます。予約金の払い戻しはできません。
展覧会の30日以内の解約の場合は全額(税込)をキャンセル料としてお支払いいただきます。
不明な点がございましたら、「contact」ページよりお問い合わせください。
※下図の壁面(オレンジのスペース)に展示していただけます。


Subikiawa.

Nishi Shuku

Fukawa Aiko

Nakahara Junichi

Leo Lionni

Eric Carle

Kata Kata

Hirose Beni

Violet & Claire

Seki Mihoko

Asano Midori

Kusaka Akira

Echigawa Noriyuki

Tada Reiko

Ozawa Sakae

Kuroneko Design

Emily Burningham

Necktie

Hiiragi Yuka